皆様は普段、どのような基準でゴルフ場を選んでいますか?技量や年齢、予算によって選定の基準は異なると思いますが、難易度は共通のテーマだと思います。技量に見合わない難関コースと知らずに予約して、スコアが崩れていくとゴルフが楽しくなくなってしまいますよね。スコア100前後のゴルファーであれば「難しすぎた・・・」と後悔するコースは、フェアウェイの幅が狭くOBが出やすいゴルフ場ではないでしょうか。そこで今回は長野県にエリアを絞り、フェアウェイの広いゴルフ場を紹介していきます。OBを心配せず大胆に打っていくことができるコースばかりですので、ぜひ次回のゴルフ場選定の参考にしてくださいね。

長野県でフェアウェイが広いゴルフ場

技量や老若男女を問わず楽しめるパブリックコース「八ヶ岳カントリークラブ」

南佐久郡にある八ヶ岳カントリークラブは八ヶ岳、富士山、秩父連山や浅間山の壮大な眺望の丘陵コースです。標高1,500mの高地にあるコースなので、夏場でも涼しく快適にラウンドできます。全体的に高低差が少なくフラットなレイアウトに加え、フェアウェイの幅もたっぷりと取ってあります。レギュラーティーからのコース全長は約6,300ヤードと平均的です。当日の天候にもよりますが、基本的にフェアウェイへのカート乗り入れも認められているので、シニアや女性ゴルファーからも人気があります。フェアウェイの広さに加え全体を通してハザードの数も控えめで、初心者でもラウンドしやすい難易度に仕上げられています。250ヤードのドライビングレンジ、アプローチ・バンカー練習場も完備されており、スタート前に入念な準備ができるので好スコアにも期待できます。

南アルプスの山々を望む壮大な景観と絶品レストランが好評の「富士見高原ゴルフコース」

富士見高原ゴルフコースは白樺や唐松が美しく並ぶ丘陵に広がるワイドなフェアウェイが特徴の林間コースです。標高1,300mの高原地帯に位置し、夏場でも平均気温が21度の避暑地となっています。レギュラーティーから約6,600ヤードと手応えのある距離設定ですが、フェアウェイは広くフラットです。豪快な攻めを楽しむことができ、ロングヒッターにとっては特に魅力的なレイアウトとなっています。またクラブハウス内のレストラン「アゼリア」の食事にも定評があります。南アルプスを望む絶景の中、ゆったりとしたランチタイムを楽しむことができます。地元食材をふんだんに使った季節感あふれるメニューが展開されており、すべてのメニューに付いているサラダバイキングも好評です。

高度な技術が要求されるアスリート向けコース「軽井沢72ゴルフ 東コース」

プリンスホテルリゾートが保有する軽井沢72ゴルフ東コースは、入山・押立の2コース36ホールで構成されている大型リゾートゴルフ場です。入山コースは全組キャディー付きのラウンドスタイルとなっており、高度なテクニックとショット精度が要求される難度の高いコースに仕上がっています。押立コースはセルフでのラウンドとなり、雄大で変化に富んだレイアウトが魅力です。どちらのコースもフェアウェイは広いものの、地形の持つうねりや要所に効くハザードによって高い戦略性を有しており、2014年には世界アマチュアゴルフチーム選手権が開催されています。中上級者にとっても手強い広大なコースはゴルファーの挑戦意欲を掻き立てます。

県内屈指の知名度を誇るリゾートゴルフ場「大浅間ゴルフクラブ」

大浅間ゴルフクラブは三井不動産グループが保有する広大なフェアウェイが広がるゴルフ場です。浅間山に加えて、八ヶ岳、佐久平などを望む抜群のロケーションを持ち、長野の超名門高級リゾートコースとして名を馳せています。レギュラーティーから6,203〜6,438ヤードと平均的からやや長めの距離設定となっており、フェアウェイも広々としています。爽快感のあるショットを楽しめるチャンピオンコースに仕上がっており、初心者から上級者まで幅広いタイプのゴルファーに愛されています。接客に関しても定評があり、お出迎えからお見送りまで親切丁寧なスタッフによるおもてなしを受けることができ、大手口コミサイトでの総合評価も全国トップクラスの4.8ポイントを獲得しています。

コストパフォーマンスの高いリゾートコース「軽井沢72ゴルフ 西コース」

軽井沢72ゴルフ西コースはプリンスホテルリゾートが保有する、広いフェアウェイが特徴のリゾートゴルフ場です。ゴールド、ブルーの2コース36ホールで構成され、どちらも適度な戦略性を持ち初心者から上級者まで楽しめる本格コースに仕上がっています。レギュラーティーからのコース全長は6,218〜6,253ヤードと平均的ですが、フェアウェイの幅はゆったりと広くとられているので開放感のあるプレーを楽しむことができます。プレー料金は時期により変動しますが、平日12,000円前後、土日祝日20,000円前後となっています。ハイグレードなリゾートコースを良心的な価格で楽しめるとあり、口コミではコストパフォーマンスに関して高い評価を獲得しています。

美食と天然温泉、プレー以外の魅力も豊かな「蓼科高原カントリークラブ」

蓼科高原カントリークラブは1963年の開場以来、半世紀を超えて愛され続けているゴルフ場です。すずらん、りんどう、しゃくなげの3コース27ホールで構成され、自然の恵みを存分に受けたダイナミックなレイアウトとなっています。丘陵地の繊細なうねりをそのままコースに活かして戦略性を高める見事な設計により、美しさと厳しさが共存します。各コースは広々としたフェアウェイを持ち、レギュラーティーからでも全長6,400ヤードを超え、手応えは十分です。レストランの食事もおいしいと評判で、プレー後は天然温泉でゆったりと疲れを癒すことができます。プレー外のサービスも整っていることも、利用者の満足度向上につながっています。

プリンスホテルリゾートのハイグレードコース「軽井沢72ゴルフ 北コース」

軽井沢72ゴルフ北コースは、東・西・南・北の4コースを有する軽井沢72ゴルフの中で最もハイグレードなコースです。毎年夏に、LPGAツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」が開催されるコースとしても有名で、女子プロ達の熱い闘いが歴史として刻まれています。コース全長はレギュラーティーから6,578ヤードと手応え十分です。フェアウェイは広々としているものの、ハザードがよく効いているのでかなりの難関コースとなっています。高級リゾートコースということで少々お値段は張りますが、コース・設備・接客・食事のすべてがハイレベルです。全組にキャディーさんがつき、プレー進行もスムーズなので接待にもオススメのコースとなっています。

完全セルフでリーズナブルな料金設定を実現している「晴山ゴルフ場」

晴山ゴルフ場は北佐久郡軽井沢町に位置し、リゾートコースのひしめく軽井沢でもリーズナブルな価格で楽しめる、フェアウェイの広いパブリックゴルフ場として人気があります。レギュラーティーからのコース全長は約5,700ヤードと短めで、OUT・INともにロングホールが1つずつのパー70となっています。各ホールには距離がない分、アプローチとパットがスコアの決め手となります。晴山ゴルフ場は手引きカートを使用した徒歩でのラウンドが基本となっており、昔ながらの趣のあるプレーが楽しめます。完全セルフスタイルが採用されており利用者の作業負担は少々増えるものの、価格は良心的です。プレー料金は時期により変動しますが、平日7,000円前後、土日祝日13,000円前後とリーズナブルに利用できます。

絶好の立地に広がる、ゆったりとした本格コース「斑尾高原カントリー倶楽部」

中野市豊津にある斑尾高原カントリー倶楽部は上信越自動車道・豊田飯山インターチェンジから5km以内の好立地にある、広々としたフェアウェイを持つゴルフ場です。戸隠・飯綱・黒姫・妙高・斑尾の北信五岳を望む大パノラマを楽しむことができ、抜群のロケーションを有しています。コース距離はレギュラーティーから約6,300ヤードと平均的な距離設定となっており、フェアウェイも広くフラットに設計されています。老若男女を問わず楽しめるゴルフ場として人気があります。食事もおいしいと評判で、和食・洋食・麺類・丼ものとバラエティー豊かなメニューが展開されています。絶品ランチで腹ごしらえをして、後半のラウンドに弾みをつけられますね。

まとめ

長野県でフェアウェイの広いゴルフ場をピックアップして紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コース幅がゆったりとしたコースは万人にうけが良く、どなたでも気持ちよくプレーできます。プレー外の余裕もでき、同伴者との会話も弾むことでしょう。このページで紹介してきたゴルフ場はいずれもフェアウェイが広く、ラウンドしやすいコースですが特にオススメなのは軽井沢72ゴルフ北コースです。少しお値段は張りますが、軽井沢ならではの高級リゾートコースでのハイグレードなゴルフを満喫できます。プリンスホテルリゾートが運営するゴルフ場ですので、宿泊プランも公開されています。ぜひ足を運んでみてください。

関連記事

Thumbnail c4dfe15c 26b5 43a7 8e4b 7ef2e93a2407

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!