ゴルフを始めたばかりの方にとって、「スコア」というのは少し難解に感じるものかもしれません。しかし、実際にはそれほど難しいことはなく、少し予習をすればすぐに理解できるようになります。本記事では、ゴルフ初心者の方向けにスコアの仕組みやスコアカードの見方、書き方をご紹介していきます。ぜひお役立てください。

ゴルフスコアの仕組みと数え方

ゴルフコースのホール構成と規定打数

ゴルフは前後半で9ホールずつプレーし、全18ホールで打った打数の合計がスコアとなります。(ただし、ホール構成の違い等により、例外あり)。
各ホールには規定打数(パー)が決まっており、以下のように呼ばれます。
・規定打数が3打→パー3、ショートホール
・規定打数が4打→パー4、ミドルホール
・規定打数が5打→パー5、ロングホール
ホール構成はゴルフ場によって異なりますが、ショートホールが4ホール、ミドルホールが10ホール、ロングホールが4ホールの18ホール・パー72が一般的です。
規定打数(パー)と聞いてもピンとこない方もらっしゃるかもしれませんので、次はゴルフスコアの呼び方について紹介していきます。

ゴルフスコアの呼び方

アルバトロス(-3)
アルバトロスとは、規定打数より3打少ない打数でホールアウトすることです。パー5の第2打がカップイン、もしくはパー4でホールインワンすると達成となります。2018年1月にはダスティン・ジョンソン選手が公式戦で430ヤードのパー4のティーショットをピンの15cm手前に付けるスーパーショットを披露しました。あわやホールインワンという場面でしたが、そう簡単にはいきません。相当な飛距離とコントロールの両方が要求され、さらには運の要素も強いので、プロの試合でも滅多にお目にかかることができません。

イーグル(-2)
イーグルとは、規定打数より2打少ない打数でホールアウトすることです。比較的よく出るのはパー5の2オン1パット(2打目でグリーンに乗せ、3打目でカップイン)、プロの試合では珍しくありません。その他にもパー4の2打目がカップイン、パー3のホールインワンも該当します。プロにとっては珍しくないとはいえ、アベレージゴルファーにとってはイーグルを出すのは至難の業です。達成した場合、向こう10年は自慢のネタにして良いでしょう。

バーディー(-1)
バーディーとは、規定打数より1打少ない打数でホールアウトすることです。プロの試合では当たり前のように飛び出しますが、我々アベレージゴルファーは滅多に出せるものではありません。バーディーを達成した時には、軽くドヤ顔をかましても嫌がられることはないでしょう。

パー(±0)
パーとは、規定打数と同じ打数でホールアウトすることです。パーでホールアウトできる比率が増えてくると、アベレージゴルファーの壁と言われる100切り、90切りが見えてきます。また、規定打数より2打前にグリーンオンすることをパーオンといい、ゴルフ中継でも出場選手のパーオン率がよく比較されています。

ボギー(+1)
ボギーとは、規定打数より1打多い打数でホールアウトすることです。全ホールをボギーで回るとスコアは90となりますので、安定してボギーを出せるプレイヤーはアベレージゴルファーの中ではかなり上手なほうといえます。プロの選手はボギーを出すと悔しがりますが、アベレージゴルファーはボギーでホールアウトすると上出来だと思っておいて良いでしょう。

ダブルボギー(+2)
ダブルボギーとは、規定打数より2打多い打数でホールアウトすることです。(省略して「ダボ」とも呼ばれます。)ちなみに一般的なコースを全てダブルボギーで回るとスコアは108になります。後述しますが、ゴルフ初心者の方はまずは110台を目指すのがオススメです。ゴルフを始めたばかりの方は各ホールをダブルボギーでホールアウトするのを目標にすると良いでしょう。

トリプルボギー(+3)
トリプルボギーとは、規定打数より3打多い打数でホールアウトすることです。省略して「トリ」とも呼ばれ、お茶目な感じで「トリっちゃったよ〜」なんて言う方もいらっしゃいます。トリプルボギーが目立ってくると、不本意なスコアになりがちです。トリってしまわないように注意しましょう。

その他の呼び方
パー5のホールインワン(-4)はコンドルと呼ばれます。パー5は平均して500ヤード以上の距離があり、男子のトッププロの飛距離でも300ヤードほどとなっています。どんなに激しい打ち下ろしであっても、パー5のホールインワンは不可能に近いといえます。また、+4はクワドラブルボギーという呼び方がありますが、そう呼ぶ人はほぼいません。「+4〜」は、打数や「+4…」と言った形で表現するのが一般的です。

ゴルフスコアの数え方

スコアを数える際は、ティーショットからカップインまでの間、実際に打った回数とペナルティー(罰打)を合計したものが1ホールのスコアとなります。初心者のうちは「今の素振りだよね?」といった感じで大目に見てもらえることもありますが、基本的には空振りも打数としてカウントしなければなりません。例えば1打目がOB、打ち直したティーショットでフェアウェキープ、一度の空振りを挟んでグリーンオン、2パットでホールアウトした場合、打った回数6打(空振り1回を含む)、OBによるペナルティー1打でそのホールのスコアは7打ということになります。

スコアカードの見方と記入方法

スコアカードの見方

スコアカードはゴルフ場によってレイアウトに多少の差はありますが、表記されている基本的な項目は同じです。「ホールナンバー」「ホールハンディキャップ」「ヤーデージ」の意味と見方を覚えておくと良いでしょう。

ホールナンバーと規定打数
ホールナンバーとは文字通り、各ホールに割り振られた番号です。通常はOUTコースが1〜9番ホール、INコースが10〜18番ホールとなります。規定打数(パー)はホールナンバーの近くに表記してあることがほとんどです。
ラウンドをする際、大抵はOUTコース1番ホールからスタートしますが、時にはINコースからスタートすることもあります。INコースのスコアを間違えてOUTコースの記入欄に書いてしまい、途中で「あ、やっちまった!」となるのは“ゴルフあるある”のひとつですので、お気をつけください。

ホールハンディキャップ
ホールハンディキャップ(HDCP)とは、ざっくり言うとホールの難度のことです。こちらもホールナンバーの近くに表記されていることがほとんどです。厳密には少し違うのですが、ホールハンディキャップの数字が小さいほど難しいホールであるとイメージしていただいて問題ありません。難度の感じ方には個人差がありますが、ホールハンディキャップで高難度とされているホールには心してかかった方が良いでしょう。

ヤーデージ
ゴルフコースには複数のティーグラウンドが用意されているのが一般的で、距離が長い順にバックティー、レギュラーティー、フロントティー、レディースティーと呼ばれます。各ホールの全長をヤーデージといい、こちらもスコアカードに表記されています。

・バックティー…青のティーマーカーが使われることが多く、主に上級者やプロゴルファーが使用するティーグラウンドとなっています。トーナメントが開催されるようなコースではバックティーよりさらに距離のあるフルバックティー(チャンピオンティー)が用意されていることもあります。
・レギュラーティー…白や緑のティーマーカーが使われることが多く、主に男性のアベレージゴルファーが使用します。
・フロントティー…ゴールドのティーマーカーが使われることが多く、主にシニア男性ゴルファーが使用します。
・レディースティー…赤やピングのティーマーカーが使われることが多く、女性ゴルファーが使用します。
※ゴルフ場によって、名称やティーの色が違うことがありますので、スコアカードやゴルフ場で必ず確認しましょう。

スコアカードの記入方法

スコアカードは通常ロビーでチェックインした時に、ロッカーキー、スコアカードホルダーと一緒に渡されます。チェックイン時にもらえなかった場合は、マスター室に置いてありますので、プレー前にもらっておくようにしましょう。
ラウンド中は各ホールが終わる度に、自分と同伴者のスコアを一緒に記録していきます。スコアの記入欄には、大きな枠と小さな枠があり、自分のスコアを記入する際は大きな枠にそのホールのスコアを、小さな枠にパット数を書いておくのもオススメです。
最近は、ゴルフのスコアを記録するスマートフォン向けのアプリもありますので、併せて活用してみてください。

初心者ゴルファーの平均スコア

公益社団法人日本パブリックゴルフ協会のデータに「初心者ゴルファーに聞いたスコア平均」というものがあります。これによると、初心者ゴルファーの平均スコア130台が約半数、120台が30%、90台以下のプレイヤーはわずか3%とのことです。ゴルフを始めたばかりの方は、まずは110台、そして100切りを目指していくのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ゴルフスコアの仕組みはご理解いただけたましたか?「う〜ん…」と腑に落ちない部分があったとしても、何度かラウンドするうちにすぐ覚えてしまいますので、初めはスコアを気にせず、目一杯ラウンドを楽しんでみてください。

合わせて読みたい・ゴルフのコラム記事

Thumbnail 24a52dbf ee37 4b96 8e82 62e75c78a9a0

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!