世界的な名プレイヤーであり、「帝王」と呼ばれるジャック・ニクラウス氏。コースデザイナーとしても超一流で、選手としての知識と経験が活かされた戦略性の高い設計が多くのゴルファーを虜にしています。本記事では東北地方にあるジャック・ニクラウス氏が設計を手掛けたゴルフ場をまとめています。ぜひ、次回ラウンドするゴルフ場選定にお役立てください。

宮城県にあるジャック・ニクラウスが設計したゴルフ場

宮城県にある「花の杜ゴルフクラブ」

花の杜ゴルフクラブは、1992年宮城県黒川郡に開場しました。恵まれた自然の趣を残しつつ人口のハザードもバランスよく配置されており、戦略性の高いレイアウトとなっています。
帝王ジャック・ニクラウス氏の設計の特徴でもあるバンカーの数は88にも上り、その造形も様々です。18ホールの中には、安易な攻めを阻むタフなホールも多く含まれています。名物ホールはINコース16番。ティーグラウンドの目の前からグリーン右サイドにかけて大きな池が伸びるショートホールとなっています。景観の美しさ、戦略性の高さともに申し分ありません。2007年のJCBクラシック、1993~97年のミヤギテレビ杯女子オープンなど、競技の開催実績も豊富で、上級者をも唸らせ ます。
ラウンド前には全長約300ヤードのドライビングレンジで肩慣らしができ、ラウンド後は敷地内から湧き出る天然温泉でゆったりと疲れを癒すことができます。充実の設備も利用者から大好評です。

宮城県にある「仙台南ゴルフ倶楽部」

宮城県柴田郡にある仙台南ゴルフ倶楽部は1993年の開場より、多くのゴルファーに愛されているパブリックコースです。
全体的にフェアウェイは広々としていますが、池やバンカーなどのハザードが要所に配置されたホール、ドッグレッグのホールなど、デリケートな攻めが要求される場面も多く待ち受けます。ジャック・ニクラウス氏設計のコースならではの大胆かつ繊細なプレーを楽しむことができます。
個性豊かな18ホールの中でも、特に印象的な名物ホールはINコース15番です。クラブハウスに向かって伸びるロングホールとなっており、グリーン手前から右サイドをガードする池が戦略性を高めています。精度の高いアイアンショットが攻略のカギとなります。
また、各方面からのアクセスも良好で、車の方は東北自動車道・村田インターチェンジから約5km、電車の方はJR東北本線・大河原駅からタクシーで約10分程度となっています。温暖な気候により降雪が少ないのも魅力のひとつです。冬季にクローズするゴルフ場の多い北日本では珍しく、通年営業をしていますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
東北地方には、ジャック・ニクラウス氏が設計したゴルフ場がたったの2ヶ所しかありませんが、どちらも戦略性に富んだ人気コースとして名を馳せています。豪華な設備を有する「花の杜ゴルフクラブ」、アクセス良好で年間を通してラウンドを楽しめる「仙台南ゴルフ倶楽部」、どちらも口コミ評価が高く、素晴らしいコースとなっています。次回のラウンドにいかがでしょうか?

合わせて読みたい・有名ゴルフ場設計家特集

合わせて読みたい・東北地方でオススメのゴルフ場

Thumbnail 83d66a8a e046 4a68 b828 aa90d2adc44c

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!