母なる自然とハザードを共存させる美しくも厳しいデザインが、設計家ジャック・ニクラウス氏の特長です。世界各地の名門コース設計に携わった彼は、日本にも数多くの作品を残しています。このページでは中部地方にあるニクラウス氏設計のゴルフ場をまとめています。次回ラウンドするゴルフ場選定にぜひお役立てください。

愛知県にあるジャック・ニクラウスが設計したゴルフ場

愛知県にある「ザ・トラディションゴルフクラブ」

ザ・トラディションゴルフクラブは、2002年10月1日、愛知県岡崎市に開場しました。自然林も多く残るなだらかな丘陵地に広がっており、温暖な気候により年間を通して快適にプレーできます。東名高速道路・岡崎インターチェンジから約8kmという立地の良さも人気の理由のひとつとなっています。
こちらのゴルフ場のオーナーがジャック・ニクラウス氏に設計を依頼する際、「トーナメントコースに仕上げてほしい」とリクエストしただけあり、バックティーからの全長7,067ヤードの18ホールは手応え抜群です。堂々のコース全長のみならず、安易な攻めを阻む大きな池やバンカーも戦略性を高めています。ショットの方向性はもちろんのこと、シビアな距離感も要求されます。名物ホールはINコース18番。レギュラーティーからでも531ヤードの距離があるロングホールとなっています。第2打は四方を池に囲まれた浮島フェアウェイへのショットとなり、スリル満点です。エキサイティングな最終ホールはすべてのプレイヤーに大きなインパクトを残すことでしょう。

愛知県にある「サン・ベルグラビアカントリー倶楽部」

愛知県岡崎市にあるサン・ベルグラビアカントリー倶楽部は、1995年11月に開場した人気のパブリックコースです。美しくも厳しい池やバンカーといった、ジャック・ニクラウス氏らしさ感じさせるレイアウトが魅力となっています。フルバックティーからは全長7,011ヤード、コースレーティング73.1と抜群の高難度を誇るものの、レギュラーティーからは6,052ヤードとお手頃な距離設定となっています。ジャック・ニクラウス氏が「誰もが楽しめるゴルフを提供すること」をコンセプトに設計していますので、上級者だけでなくゴルフ初心者でも楽しめるコースに仕上がっています。
また、こちらのゴルフ場は完全個室の女性ロッカーがあることでも有名です。レディースティーからのヤーデージも4,948ヤードと短めなので、女性ゴルファーからも支持されています。
2016年に開通した新東名高速道路によりアクセスも良くなり、岡崎東インターチェンジからコースまで約7分、浜松市内からも45分ほどでコースに到着できます。ぜひ、足を運んでみて下さい。

愛知県にある「セントクリークゴルフクラブ」

愛知県豊田市にあるセントクリークゴルフクラブは、EAST、WEST、SOUTHの3コース27ホールで構成される丘陵タイプのゴルフコースです。
ジャック・ニクラウス氏が自らの経験を存分に活かして設計を手掛けており、造形の美しさ、戦略性ともに高い評価を獲得しています。彼のルーツであるアメリカンスタイルが徹底されており、海外にいるかのような感覚を味わうこともできます。
各ホールはフェアウェイの幅が程よく絞られており、池やバンカーなどのハザードも厳しく配置されています。大きなグリーンは一見捉えやすいように思いますが、落としどころを間違うと、パッティングの難度がぐんと上がってしまいます。全体を通してシビアなコースマネジメントが要求される中上級者向けのレイアウトとなっています。
練習設備の充実も人気の理由のひとつとなっており、全長約250ヤードのドライビングレンジ、アプローチ・バンカー練習場、3面のパッティンググリーンが完備されています。丁寧に感覚を確かめてから難関コースに挑むことができます。

岐阜県にあるジャック・ニクラウスが設計したゴルフ場

岐阜県にある「ニューキャピタルゴルフ倶楽部(ジャック・ニクラウスゴルフコース)」

岐阜県恵那市にあるニューキャピタルゴルフ倶楽部(ジャック・ニクラウスゴルフコース)は、ゴルフ場経営大手のPGMが保有運営するゴルフコースです。
帝王ジャック・ニクラウス氏の叡智が展開され、フルバックティーからの全長7,114ヤードを誇る本格派のチャンピオンコースとなっています。全体的にフラットでありながらも、4つのホールに池が絡み、大小83個のバンカーが待ち受けます。攻略は一筋縄ではいきません。確たるコンセプトを持って攻めなければ、大叩きをしてしまうホールも多くなっていますので、中上級者の方でも十分な手応えを得られるでしょう。
ニクラウス氏設計の特徴である造形美も各所で感じることができ、特に印象的なのがOUTコースの5番ホールです。毎年、マスターズで世界最高峰の闘いが繰り広げられるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの16番をイメージしてデザインされています。ホールの右サイド前面に大きな池が伸びるショートホールとなっています。グリーン左サイドと奥にバンカー、右サイドに池があり、ティーショットには大きなプレッシャーがかかります。

三重県にあるジャック・ニクラウスが設計したゴルフ場

三重県にある「菰野倶楽部ジャック・ニクラウスゴルフコース」

三重県三重郡にある「 菰野 こもの 倶楽部ジャック・ニクラウスゴルフコースは、116万㎡もの広大な敷地を贅沢に使って造成された18ホールパー72の丘陵コースです。
ブラインドホールが少なく、ほとんどのティーグラウンドからグリーンや池、バンカーが確認できるフェアなレイアウトとなっています。プレイヤーを欺くことがないよう設計されており、初めてのラウンドでもそれほど戸惑うことはないでしょう。
しかし、フェアなフィールドとは言っても、安易に攻略できるわけではありません。見通しが良かろうとも、バンカーや池は手を焼く位置に配置されています。時には手堅く、時には大胆に、知性的な駆け引きが求められるニクラウス氏設計の特長も、プレーの中でしっかりと感じ取ることができます。
名物ホールはINコース18番のパー5。フェアウェイを横切るように流れる逆S字型のクリーク、ティーグラウンドとグリーンの左サイドには池が配置されており、すべてのショットが水がらみとなります。プレッシャーのかかる高難度のフィニッシングホールです。

まとめ

「難しいから、おもしろい」
ジャック・ニクラウス氏設計のコースは紳士・淑女のスポーツであるゴルフの醍醐味を味わうには、持ってこいです。本記事で紹介したコースは、手強いフィールドを求める上級者の方だけでなく、スキルアップを目指す初心者、中級者の方にもオススメとなっています。お気に召したコースがあれば、ぜひ足を運んでみて下さい。

合わせて読みたい・有名ゴルフ場設計家特集

Thumbnail 5cf94135 e384 4d40 900f d6498e18ed06

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!