“北海道”と聞いただけで広大な大地を連想する人も多いでしょう。ゴルフ場もゆったりとレイアウトされたコースが多く、地の利を感じます。
ティーイングエリアでの緊張感はある意味大事なことですが、プレッシャーがなくのびのびと思いっきり打てるコースの爽快感は何物にも代えがたい魅力がありますよね。ティーショットが上手くいけば気持ちよくセカンド地点へ進めますし、その後もグリーンでよっぽどやらかさない限りスコアはまとまり易いですよね。

そこで、今回は北海道の200ヶ所以上のゴルフ場の中から、フェアウェイの広いコースを取り上げてみました。OBしがちでお悩みの皆さま、ぜひご一読ください。

北海道でフェアウェイが広いゴルフ場

広くてフラットな27ホール「サンパーク札幌ゴルフコース」

1998年開場の北広島市富ヶ岡にある「サンパーク札幌ゴルフコース」は、PGMが保有・運営する27ホールの丘陵コースです。
フェアウェイが広く、コース内の高低差が4~5mとフラットで、レギュラーティーからの距離は、東コースが3,068ヤード、南コースで3,150ヤード、西コースは少し長めの3,305ヤードです。
土日祝日でも2サムの割増料金が掛からないリーズナブルなプランが多いのと、コース内へのカートの乗り入れ(状態によっては不可)ができるので女性やシニア世代にも人気があります。
交通アクセスが良く、最寄りの輪厚(わっつ)スマートインターチェンジからは車で3分。札幌中心部からでも道央自動車道で40分ほどです。新千歳空港からは、快速電車で北広島駅まで20分。そこからは、完全予約制のシャトルバスが運行されており、7分でコースに到着です。

日本女子オープン開催コース「樽前カントリークラブ」

アコーディア・ゴルフの運営による、1963年開場の「樽前カントリークラブ」は、苫小牧市錦岡にあり、道央自動車道・苫小牧西インターチェンジからは車で3分、新千歳空港からは同じく30分ほどです。
名匠上田治氏の設計によるフラットな27ホールの丘陵コースで、レギュラーティーからの距離は、南コースが3,175ヤード、中コースで3,340ヤード、北コースが3,195ヤードとなっています。
日本女子オープンが開催されたトーナメントコース(南→中)は、距離も充分あり、フェアウェイが広く、活火山の樽前山(標高1,041m)を間近に望む、北海道らしい雄大なコースレイアウトです。
キャディー付きの歩行スタイルと乗用カートによるセルフプレーの選択制で、多様なプランが楽しめます。

のびのび気楽にお得なセルフプレー「千歳カントリークラブ」

千歳市協和にある「千歳カントリークラブ」は、最寄りの道東自動車道・千歳東インターチェンジからは車で7分、新千歳空港からは車で30分と近いのですが、初めて行くときは、すぐそばにPGMの“新千歳カントリークラブ”があるので、案内看板に注意してください。
1974年に開場したゆるやかな丘陵コースで、フェアウェイが広く距離が長い「からまつコース」と、打ち上げ、打ち下ろし、谷越えのあるトリッキーな「しらかばコース」の対照的な計18ホールズです。
設計は、精密機械と呼ばれ、アマチュアの名選手として知られた三好徳行氏によるもので、計算しつくされたコースのレイアウトは飽きることなく、何度でも挑戦したくなるコースです。
平日の完全セルフプレープランは、総額4,000円で食事付きとリーズナブルで好評です。

トーナメント開催多数の名門コース「恵庭カントリー倶楽部」

1991年に開場した「恵庭カントリー倶楽部」は、千歳市と札幌市の中間にあたる恵庭市の盤尻にあり、新千歳空港からは車で35分ほど。道央自動車道・恵庭インターチェンジで降りて10分ほどで到着すると、門番がいる敷地入口で名前のチェックがあります。
富澤廣親氏の設計による27ホールの林間コースで、支笏(しこつ)コースは3,220ヤード、阿寒コースが3,204ヤード、摩周コースで3,202ヤードと、いずれもレギュラーティーからの距離としては長めです。
基本的にキャディー付きの徒歩プレーなので、乗用カートはオプションとなります。どのホールも比較的フラットで、フェアウェイが広く、コースメンテナンスが充分行き届いています。
北海道でも有数の高級名門コースなのでドレスコードの確認が必要です。

津軽海峡を望む絶景のロケーション「函館KGカントリークラブ」

函館市東山町の「函館KGカントリークラブ」は、1973年に開場した18ホールの丘陵コースで、晴れた日の市街地を見渡す、標高400mからの眺望はまさに絶景の一言です。
広いフェアウェイに、レギュラーティーからでも6,436ヤードと距離もあるので、戦略的要素を持つ手応え充分なチャンピオンコースです。
近年は、全乗用カートにGPSマーシャルナビが付いて、要望が増えるセルフプレーに対応しています。
函館空港からは車で30分掛からず、中心部のJR函館駅からも同じく30分ほどです。
天気次第ですが、INコースの17番は、日本3大夜景の名所と言われる函館山(標高334m)に向かって打ち下ろす名物ショートホールで、山から見る景色と市街地を挟み真逆なので、通称『裏』と呼ばれています。

平日廻り放題!食事付プランはコスパ最高!「大沼国際カントリークラブ」

北海道新幹線が乗り入れる、新函館北斗駅からは車で25分。大沼国定公園に隣接する鹿部町駒見にある「大沼国際カントリークラブ」は、函館空港から車で60分ほどに位置します。
1976年の開場で、白樺や落葉松(からまつ)にセパレートされた18ホールの丘陵コースですが、比較的フラットです。距離はレギュラーティーからでも6,710ヤードと長く、INコース最終18番は200ヤードを超す、名物ショートホールです。
活火山の駒ヶ岳(標高1,131m)の雄姿を望み、手入れの行き届いたコースはフェアウェイも広く、OBの心配が少ない、北海道らしい雄大なコースです。
人気のセルフ平日廻り放題はバイキングの食事付きで、4,000円から5,500円とコスパがよく、中には2.5ラウンドを遂行した体力自慢のプレイヤーもいるとか。

テレビ中継でお馴染みのトーナメントコース「ザ・ノースカントリーゴルフクラブ」

千歳市蘭越にある「ザ・ノースカントリーゴルフクラブ」は、道央自動車道・千歳インターチェンジから車で15分。支笏湖に向かう国道16号線沿いにあり、新千歳空港からも車で15分ほどです。
例年『長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント』の開催コースとしても有名で、設計・監修は青木功氏によるものです。
高低差5mのフラットな丘陵コースは、国内でも数少ないオールベントのコースで、ふかふかの絨毯のようなフェアウェイは広く、遮る背の高い樹木が少ないせいか隣接のホールを見渡せ、広さを実感するでしょう。
レギュラーティーからの距離は6,040ヤードで、すべて乗用カートによるキャディー付きのプレースタイルのみとなっています。
OUTの7番ショートホールは、ティーイングエリアの目の前に大きなバンカーがあり、その中に北海道の形の花壇がある、名物ホールです。

風もハザードに!井上誠一氏の設計した「室蘭ゴルフ倶楽部」

室蘭市崎守町にある「室蘭ゴルフ倶楽部」は、道央自動車道・室蘭インターチェンジから車で2分と近く、新千歳空港からは車で60分ほどです。すぐ近くには登別温泉があり、小高い丘の上からは、その形から『白鳥湾』と呼ばれる室蘭港を見下ろします。
1966年、日本が誇る名匠井上誠一氏の設計により、現在の場所で18ホールの白鳥コースとして開場しましたが、その前身は古く、老舗の名門コースとして知られていました。
フェアウェイは広いですが、風もハザードとなり、グリーンはほとんどが砲台グリーンという、戦略性と多様性に満ちた名コースです。レギュラーティーからの距離は6,331ヤードと適度な長さです。
ゴルファー以外も利用できるレストランでは、ご当地名物で一番人気の“カレーラーメン”をご賞味ください。
原則キャディー付きプレーですが、セルフカートプレーにも対応しています。

まとめ

北海道でフェアウェイが広いゴルフ場をご紹介いたしましたが、気になるコースは見つかりましたでしょうか?

北海道ではお昼休憩を挟まないスループレーがほとんどで、距離が短めのコースでもホール間の移動が思いのほか長いことがあるので、乗用カートの有無が大事な点となりますので、その点もチェックしてみてください。

オススメは「函館KGカントリークラブ」で、こちらの【セルフ平日食事・送迎付プラン】は、旅行者限定の事前リクエストとなりますが、空港、駅などのいずれかの場所か、ホテルまでの送迎をしてくれて、総額8,000円というお得なプランです。ぜひ思い切りクラブを振って豪快なラウンドをお楽しみください。

合わせて読みたい・北海道のオススメゴルフ場

Thumbnail d92f56cd 52ee 439c ab1b e3cd579d8e9c

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!