「平日にゴルフができる人がうらやましい」、土日しかお休みが取れないゴルファーなら誰でも一度はそう考えたことはないでしょうか。なぜなら、平日は土日に比べて圧倒的に料金が安く、ゴルフ場も空いています。しかし、土日でも探せばお手頃な価格で楽しめるゴルフ場があります。
今回は、長崎県で土日にラウンド料金が安いゴルフ場をご紹介します。土日に長崎県でお得にラウンドをしたい方は、ぜひ参考になさってくださいね。

長崎県で土日祝日のラウンド料金が安いゴルフ場

日本最古のパブリックコース 雲仙ゴルフ場

長崎県雲仙市小浜町、長崎自動車道・諫早インターチェンジ(IC)より45kmほどのアクセスにある雲仙ゴルフ場の料金体系はシンプルで、土日祝日のプレー料金は総額8,950円で、割増なしの2サム保証が付き、セルフスタイルのスループレーです。レストランの利用は可能なのでプレー後に遅めの昼食として食事をすることもできます。温泉街まで3分という立地ですのでラウンド後は日帰り温泉に立ち寄るのも楽しそうです。
日本ではじめて国立公園に指定された雲仙国立公園内に位置する雲仙ゴルフ場は、日本でもっとも古いパブリックコースで、同時に日本で2番目に作られたゴルフ場でもあります。 開場は1913年ですので、すでに1世紀以上の歴史が刻まれたコースです。その時代に作られたコースですから、造成は人の手によるもので、そのため、フェアウェイには微妙なアンジュレーションがあり戦略性を高めています。
雲仙ゴルフ場は9つのホールで構成されていますが、それぞれに2つのグリーンがあり、アウトとインでグリーンを変えて同じ9ホールを回るという形での18ホールです。
距離が短くそれほどトリッキーなホールはありませんので、スコアにはなりやすいのではないかと思います。

雲仙ゴルフ場はこちらの記事でも紹介しています

雲仙ゴルフ場の詳細はこちら

美しい景観が楽しめる つくもゴルフコース

長崎県佐世保市、西九州自動車道・佐世保みなとインターチェンジ(IC)より約10kmほどのつくもゴルフコースの料金は、土日祝日のセルフプレーに2サム保証と昼食が付いて総額7,700円と、非常にお安く設定されています。また、午前の組売りプランではスループレーで総額5,600円とさらにお安いプランも用意されています。観光地にもほど近い立地となっているため、ハウステンボスや佐世保、平戸の観光、温泉も同時に楽しめます。佐世保観光を兼ねてのお出かけなどにも利用しやすいのではないでしょうか。
佐世保市街北部、石盛岳を切り開いて造成された丘陵コースとなっており、西海国立公園九十九島を眺望できる大変景観の美しいゴルフ場です。歩きのラウンドでのセルフプレーになりますが、ほぼフラットな作りですのでご年配の方でもプレーしやすい環境です。
コースは、9ホールを2回まわる形での18ホール。レギュラーティーで2,743ヤードと距離は短めで、右サイドが法面になりスライサーの怪我が大きくならないように設計されていますので、初心者でも楽しめるゴルフ場といえるのではないかと思います。ただしグリーンが高麗なので芝目に苦労することもあり、油断は禁物でしょう。

つくもゴルフコースはこちらの記事でも紹介しています

つくもゴルフコースの詳細はこちら

帝王ジャック・ニクラウス設計 ハウステンボスカントリークラブ

長崎県西海市、西九州自動車道・大塔インターチェンジ(IC)より18kmほどのアクセスにあるハウステンボスカントリークラブは、帝王ジャック・ニクラウス氏設計による18ホールズの丘陵コースです。料金は午後スタートのスループレーで総額8,000円~10,000円ほど。昼食付きのセルフプレーで総額10,000円~11,0000円ほどと、非常に挑戦しやすい値段設定がなされています。午後スルーのプランにのみ2サム保証を付けることができます。
コースの特徴としては、景観に優れた立地で雄大な自然の眺望が楽しめます。各ホール打ち下ろしかフラットな作りを基本としており、全てのホールでティーグラウンドからピンが見渡せる設計ですので、初めて訪れる方でも気持ちよく振り抜くことができるのではないかと思います。またハウステンボス風の大変美しいクラブハウスや、芝生の上から直接打てる270ヤードの練習場など設備面も非常に充実しています。
レギュラーティーからで6,078ヤードと全体の距離は短めですが、ナイスショットにはボーナスを、ミスショットにはペナルティーを、という思想で設計されており14本のクラブをうまく使っていかなければならないような戦略性の高いコースです。

ハウステンボスカントリークラブはこちらの記事でも紹介しています

ハウステンボスカントリークラブの詳細はこちら

自然林を生かしたフラットなコース 長崎パークカントリークラブ

長崎県西海市、西九州自動車道・大塔インターチェンジ(IC)より約28kmほどのアクセスにある長崎パークカントリークラブの料金プランは、午後のスルーラウンドで土曜日は総額9,500円、日曜日は総額9,690円から用意されており、食事付きのセルフプレーでも総額13,800円から楽しむことができます。全体に起伏がゆるやかで広々とした丘陵コースで、レギュラーティーから6,189ヤードと距離があるコースではありませんが、各ホールバランスよく作られています。ティーショットが池越えになる5番、7番といったプレッシャーがかかるホール、飛ばし屋なら思い切り振ってみたくなる555ヤードの13番、眼鏡橋のある名物18番など趣の異なるホールが連なります。ラウンドは、乗用カートでのプレーでキャディー付きを選択することも可能。カートは距離測定機能やリーダーズボード機能を備えた最新鋭のカートです。食事、接客もクチコミで高評価!気持ちの良い1日が過ごせるのではないでしょうか。

長崎パークカントリークラブはこちらの記事でも紹介しています

長崎パークカントリークラブの詳細はこちら

国体女子の会場にもなった 喜々津カントリー倶楽部

長崎県諫早市にある喜々津カントリー倶楽部の料金プランは、直前割引など特別な期日指定の2サム保証付き午後スルーで総額8,250円からと土日祝日でもお安くプレーすることができます。その他オープンコンペが頻繁に開催されていますので、お一人の場合などはこういったオープンコンペを利用するのも楽しいのではないかと思います。長崎市の中心部より30分、長崎自動車道・諫早インターチェンジ(IC)から約5kmと抜群のアクセスを誇るコースです。距離は短いですが、落とし所が狭く正確なショットが求められるホール、豪快に飛ばしていくホールなどバランスの良い設定で戦略性の高いコースレイアウトになっています。
2014年長崎国体女子の部の開催コースであることからも、その戦略性の高さが伺われます。距離はレギュラーティーからは6,111ヤード、バックからでも6,447ヤードと長くはありませんが、レギュラーティーからでもコースレートが69,8あることからも、ショットの正確性やグリーンの読みが要求されるコースというのがわかりますね。

喜々津カントリー倶楽部はこちらの記事でも紹介しています

喜々津カントリー倶楽部の詳細はこちら

戦略性の高い丘陵コース 佐世保国際カントリークラブ

長崎県佐世保市、西九州自動車道・佐世保三川内インターチェンジ(IC)より2kmと非常にアクセスの良い佐世保国際カントリークラブ。もっとも値段が安いプレープランは、午後スルーで総額9,480円のプランですが、こちらは日没了承の条件つきですので、ホールアウトができない可能性もあります。通常にホールアウトできるプランだと、時間指定のトク割プランで総額11,980円からラウンドすることが可能です。高低差のある丘陵地にある自然を生かした造成で豪快な打ち下ろしや、距離感が難しい打ち上げなど、比較的アップダウンのあるレイアウトになっています。距離はレギュラーティーから6,076ヤードと短めではありますが、アップダウンに加えて、巧みに配置された池やバンカーなどのハザードが戦略性を高めています。
ラウンドは乗用カートでのラウンドですので、アップダウンがあっても足腰への負担は最小限。さらに他のアコーディアの経営コースと同様最新鋭のカートが用意されており、距離測定機能やリーダーズボード機能が装備されています。

佐世保国際カントリー倶楽部はこちらの記事でも紹介しています

佐世保国際カントリー倶楽部の詳細はこちら

大きいベントのワングリーン 佐世保・平戸カントリークラブ

長崎県佐世保市江迎町、二位九州自動車道・佐々インターチェンジ(IC)より12kmほどのアクセスにある佐世保・平戸カントリークラブのプレー料金は、土曜日の午後スルーで9,500円。レギュラープランは土日祝日でも総額9,980円と10,000円以下でラウンドすることができます。料金についてはオリジナルホームページがベストレート保証になっていますので、そちらをご利用になるのが良いのではないかと思います。コースの特徴としては、比較的フラットな作りの丘陵コースで、距離もレギュラーティーから6,258ヤードと長くはありません。ただし油断は禁物。グリーンがベントのワングリーンで大きく作られていますので、乗せどころを間違えるとかなり苦労しそうです。また積極的にウォーターハザードを取り入れており、美しい景観と共にプレッシャーがプレイヤーを襲います。特に18番はティーショット、セカンドとも池越えになりメンタルが試されるホールと言えるのではないかと思います。

佐世保・平戸カントリークラブはこちらの記事でも紹介しています

佐世保・平戸カントリークラブの詳細はこちら

美しく戦略性に富むアメリカンコース 大村湾カントリー倶楽部 ニューコース

長崎県大浦市、長崎自動車道・大村インターチェンジ(IC)より9kmほどのアクセスにある大村湾カントリー倶楽部ニューコースの土日祝日の安いラウンドプランは、午後スルーで総額10,300円、昼食付きでも総額10,800円の価格となっています。オールドコース18ホールとニューコース18ホールからなる36ホールズの丘陵コースです。オールドコースはメンバー向けのゴルフ場となっており、ニューコースはビジターの方にもWeb予約が開放されています。
自然を活かすというよりも作り込まれたレイアウトで、まさにアメリカンな景観のコースです。1番はいきなりクリーク越えのティーショットでセカンドも池越え。2番のパー3はオーガスタの12番を模していてツツジが美しく咲き誇りますが、ワンオンしない限り池かブッシュという難しさです。
全体にデザインされたバンカーや池を巧みに配置してあり、戦略性を高めるとともに美しい景観を作り出したコースで、日常を忘れさせてくれるような空間といえるのではないかと思います。
乗用カートにはiPadのナビが備えられておりセルフプレーでも必要な情報がきちんと把握できます。食事接客などのクチコミ評価も大変に高いゴルフ場です。

大村湾カントリー倶楽部 ニューコースはこちらの記事でも紹介しています

大村湾カントリー倶楽部 ニューコースの詳細はこちら

佐世保市内から約25分 佐世保ハイウェイゴルフコース

長崎県佐世保市にある、佐世保ハイウェイゴルフコースのラウンド料金は、土日祝日でも食事と2サム保証が付いて総額7,370円と、長崎県内でもトップクラスで安い料金設定となっています。西九州自動車道・佐世保三川内インターチェンジ(IC)からは3kmほどで約5分、佐世保市内から約25分というアクセスの良さも魅力のパブリックコースです。
9ホールを2回周るタイプでの18ホールのプレースタイルが取られており、グリーンはベントと、珍しいティフトンの2グリーン制となっています。距離はそれほどありませんが、落とし所が狭くショットの正確性が求められます。
食事や接客などの口コミ評価は高く、気持ちの良い1日が過ごせるのではないかと思います。

佐世保ハイウェイゴルフコースの詳細はこちら

まとめ

今回は土日祝日のラウンド料金が安い長崎県の9コースをご紹介しました。
それぞれに特徴があり、コンペ前の練習、初心者さんのデビューなど目的に応じて選んでいただけるのではないかと思います。さて、今回の中でひとつオススメを選ぶとすれば大村湾カントリー倶楽部 ニューコースをオススメしたいと思います。アメリカのコースを回っているような美しい造形であるばかりでなくオーガスタの12番を彷彿とさせるパー3などは挑戦意欲を掻き立てられます。これだけ作り込まれたコースはそれほど多くは無く、機会があれば一度は訪れてみたいゴルフ場ではないでしょうか。
それでは今回の記事を参考にしていただき、ぜひ土日祝日のラウンドを楽しんでいただきたいと思います。

合わせて読みたい・長崎県近郊でオススメのゴルフ場

Thumbnail f3d33cd1 7566 4ef7 8f5f 9a365481ca47

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!