皆さんにとってゴルフの一番の楽しみはなんでしょうか?ドライバーでの豪快なロングショット?ベタピンに寄るアイアンショット?それとも友人や家族と丸一日自然の中で過ごすこと?など、ゴルフの楽しみは人それぞれでしょう。中にはプレーやスコアよりも、ハーフが終わってから仲間との食事や生ビールが一番の楽しみ、という人もいると思います。一番ではないにしても、ほとんどのゴルファーにとって昼食もゴルフの一つの楽しみだと思います。そこで今回は、岡山県にある昼食バイキングをやっているゴルフ場についてご紹介したいと思います。

岡山県でバイキングを楽しめるゴルフ場

料金そのまま50種類のバイキングが楽しめる「新岡山ゴルフクラブ」

岡山市北区にある新岡山ゴルフクラブは、山陽道および岡山道の最寄りインターチャンジからわずか15分、JR岡山駅や岡山空港からもアクセスもよく立地に恵まれたゴルフ場です。こちらでは毎週月・火限定で昼食バイキングが開催され、料金そのままで50種類のメニューが食べ放題で、味も美味しいと評判です。別途金曜日は、パン・サラダ・ソフトドリンク食べ飲み放題のモーニングが無料サービスとなっています。またコース全長はレギュラーティーから5,988ヤードの短めではありますが、あるがままの自然を生かし、美しい景観と高度な戦略性に富んだ個性ある18ホールです。さらにグリーンには、中四国地方初のCY-2芝を採用して、広く、大きめのベントワングリーンとなっており、攻略のしがいがあります。

真っ白なクラブハウスが印象的な「岡山西ゴルフ倶楽部」

岡山県井原市にある岡山西ゴルフ倶楽部は開場から22年を経過したまだ比較的新しいゴルフ場です。設備も新しく、まずコロニアル風の真っ白なクラブハウスがプレイヤーを迎えてくれます。コースはレギュラーティーから5,932ヤードと短めの設計になっており、丘陵地にありながらアップダウンの少ないフラットなホールが多くプレーしやすいコースです。ところどころに池が効いていて、戦略性も兼ね備えたレイアウトです。
こちらでは毎日昼食バイキングとなっていて、平日はプレー費込み、土日祝日は1,500円でバイキングを楽しむことができます。もちろん曜日、シーズンにもよりますが、創作料理からお寿司やカレー、ソフトドリンクまで豊富なメニューが食べ飲み放題で、味もいいと評価も高く充分満足できます。

毎日バイキングが楽しみな「グレート岡山ゴルフ倶楽部」

岡山市北区にあるグレート岡山ゴルフ倶楽部は、雄大な自然に抱かれた中国地方でも人気の高い丘陵コースです。大手予約サイトの一人予約で、中国地区の3位に選ばれてもいます。コースはレギュラーティーから全長6,280ヤードと平均的で、INコースにフェアウェイが狭いホールもありますが、谷越え、池越え、打ち下ろし、打ち上げと変化に富んだレイアウトになっています。こちらでは火曜日以外(火曜日は完全セルフデー)は毎日バイキングが開催され、ソフトドリンク飲み放題、デザートも充実しているとゴルファーからの評価も高くなっています。また山陽道山陽および岡山インターチェンジからも25分と近く、国道53号線からクラブハウスまでわずか30秒という好アクセスです。

高原ゴルフを楽しむなら「真庭カンツリークラブ」

岡山県真庭市にある真庭カンツリークラブは、標高450メートルの高原に展開するゴルフコースです。夏場には気温が平地より3℃ほど低く、快適にプレーできます。コース自体は、レギュラーティーから6,447ヤードと距離もたっぷりあります。フェアウェイも広く、丘陵地にありながら全体的にはフラットな造りとなっていて、豪快なショットが楽しめます。こちらではシーズンにもよりますが、基本的に月曜日にバイキングを開催しています。またこのコースは250ヤードの広大なドライビングレンジやアプローチ練習場も完備しているほか、コースメンテやスタッフの接客がいいと口コミでも評判で、丸1日気持ちよくゴルフが楽しめるコースです。

地形をそのまま生かし自然と調和させた「赤坂レイクサイドカントリークラブ」

岡山県赤磐市にある赤坂レイクサイドカントリークラブは、山陽道・山陽インターチェンジから9キロ15分、また岡山空港からもアクセスのいいゴルフ場です。コース全長はレギュラーティーから6,036ヤードと短めで総面積800平方メートルのワングリーンの設定です。広く樹海を残してセパレートされた庭園風のコースで、数あるバンカーが厳しくグリーンをガードしています。うまく地形を生かし無理なく自然と調和させひとつとして似たようなホールはありません。
こちらは不定期でメニューの数、味ともに好評の昼食バイキングが実施されており、年末年始などに実施されています。バイキングがないタイミングは指定昼食付きのみとなっているようですが、日程限定ながら、牛すき鍋かうな重の昼食がついたプランがあったりと、お得なプランは健在です。

飛ばし屋も満足な36ホールの「日本原カンツリー倶楽部」

岡山県の北東部、美作市にある日本原カントリー倶楽部は、36ホールを抱える大型ゴルフ場で、おかまや県内だけでなく、中国道からのアクセスもいいため、兵庫県など他県からのプレイヤーも多いようです。コースはレギュラーティーからの全長6,524ヤードの那岐コース、6,641ヤードの瀬戸コースの2コース、36ホールの構成です。両コースとも距離の長い設計となっていて、瀬戸コースは全体的にフラット、那岐コースは各ホール松林でセパレートされた林間風で、どちらも個性ある豪快なコースです。価格もとてもリーズナブルで、平日も土日祝日もほぼすべてのプランに1,080円分までの昼食付きというのが基本ですが、不定期にバイキングを開催していてプラス500円で食べることができます。

まとめ

岡山県にあるバイキング形式の昼食があるゴルフ場をご紹介しましたが、いかがでしたか?バイキングをいつもやっているというゴルフ場はとても少ないので、それを目的にすると日程を決めるのが難しいのですが、この中でもほぼ毎日開催している岡山西ゴルフ倶楽部やグレート岡山ゴルフ倶楽部なら友人も誘いやすいです。私も何度か経験をしましたが、バイキングはデザートも含め好きなものを好きなだけ食べられるので、調子に乗って食べ過ぎて、後半のラウンドでは体が重くなりミスばかり、ということがありますのでくれぐれも量は控えめに。

関連記事

Thumbnail e1fa3ce9 cdd2 4b03 9024 5dfe4f40b639

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!