2019年2月にTaylorMade(テーラーメイド)から発売された最新のMシリーズ。M5とM6のラインナップで、ドライバー、フェアウェイウッド、レスキュー、アイアンの4モデルが登場となりました。
そして、今回は、M6ドライバーを試打してきました。なんと言っても注目は、フェース部分にネジが2本取り付けられている「スピードインジェクション」と呼ばれる技術。ヘッドの反発係数をルール上、最大限に調整したとのことで、ボール初速を格段に上げて、飛距離性能が向上されていると評判です。さらに、Mシリーズのドライバーではお馴染みとなっているツイストフェースも継承されており、前モデルのM4ドライバーからどう変わったのか、進化しているのか、しっかりとレビューしていきたいと思います!

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーをゴルフハック編集部が分析!

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーは、どういう人にオススメか?

グラフの通り飛距離性能が抜群です。特化しているのはやはり初速の速さです。
スピードインジェクションの影響で過去のTaylorMade(テーラーメイド)のドライバーと比較しても、ヘッド反発がいいようです。

また、捕まり具合もいいのでフェードヒッターで扱いやすいドライバーになっていると思います。

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーの見た目とスペックを紹介!

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーの見た目!

ヘッド体積は460cc体積でルール最大級のヘッド体積ですが、ヘッド後方部分はシャープになっているので操作性のある形状です。

ヘッド素材は前作と同じグラファイト・コンポジット・クラウンを採用し、ヘッドが軽くなった分の余剰重量をヘッドの下の方に下げ、フェイス面上の重心を下げ、飛距離性能向上に貢献しています。

フェイスは若干のシャローフェイス形状になっていて、弾道の高さは確保できそうな形状になっています。
前作と同じツイストフェイス(フェイス部分が捻れている作り)になっているので、方向性の安定は健在です。

※ツイストフェイスとは?
トゥ側上部はフェイスの向きが開いて上を向いてるため、フックを軽減します。ヒール側下部は、フェイスの向きが閉じて下を向いてるため、スライスが軽減されます。

フェイス下部には赤い2つのポートがあります。これは、スピードインジェクションという技術を採用していて、最初に反発係数を超えた高反発ヘッドを製造し、この2つのポートからレジン素材を注入して、ルール適合ギリギリのところまで、反発係数の数値を抑えて出荷しているようです。

ソール素材はグラファイト・コンポジットを採用。軽量化を実現し、46gの大きなウェイトを配置して低・深重心設計になっています。

M6ドライバーのソールにはトラック・システムはついていません。

試打したシャフトはTour AD VR-6のSシャフトで、トルク3.2のシャフト重量は65グラムの中調子。しなり戻りが速いタイプの弾き系シャフトになっています。

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーのメーカースペック

HEADM6 DRIVER
ヘッド素材/フェース素材チタン[9-1-1 ti]+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール/チタン[6-4 ti]
ヘッド体積(cm3)460
ライ角(°)58
長さ(インチ)FUBUKI TM5 201945.75
Tour AD VR-645.25
Speeder 66145.25
EVOLUTION V45.25
Diamana DF6045.25
ロフト角(°)
フレックス910.5
FUBUKI TM5 2019S
SR
R
Tour AD VR-6S
Speeder 661 EVOLUTION VS
Diamana DF60S

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーのシャフトスペック

SHAFTFUBUKI TM5 2019VR-6661 EVO ⅤDF60
フレックスSSRRSSS
クラブ重量(g)約299約297約295約311約311約308
シャフト重量(g)約54約52約50656664
トルク4.655.23.23.73.8
バランスD2.5D2.5D2D1.5D2D1
キックポイント先中中元
グリップLimkin Grip TM360 Black/Blood Orange CP(経60/42g)Limkin Grip TM360 Black/Blood Orange CP(経60/47.5g)

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーの試打レビューとデータ計測

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーを試打

実際構えてみると460ccルール最大級の大きさですが、クラウン後方部はシャープに作られ、実際の体積よりコンパクトに見え操作性が高いように見えます。

試打したゴルフクラブのフェイスの向きはロフト10.5だったため、若干ですがクローズに見え、程よく捕まりが良さそうな顔つきでした。
試打を開始して驚いたのは、やはり初速の速さです。自分の予想している空中の球の位置より、遥か先にボールがキャリーしている感じです。

これはスピードインジェクションの影響なのか、低スピンで飛んでいくので、高反発を使っているかのような感覚に陥りました。前作のM4ドライバーと比較しても明らかに初速の速さは進化している実感がありました。捕まり具合もあるので、スライサーやフェードが持ち球の方は、扱いやすいクラブだと思います。

打音はほんの少しだけ高めですが、耳障りするような音ではなく、フェイス反発が良く自然と出ている音なので、気になることはないと思います。

シャフトに関しては、Tour AD VR-6のSシャフトを試打をしましたが、VR-6のシャフトは、弾き系のシャフトなので、これまた反発がいいヘッドとの相性は良く、シャフトの走りと、ヘッドの反発でかなり飛距離に期待できる組み合わせだと思いました。

ヘッド重量はやはり重めですし、低スピン傾向ですので、ヘッドスピードが遅目の方には純正シャフトの方をオススメします!

■動画
実際に打ってみた際の動画は以下




撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

TaylorMade(テーラーメイド)M6 ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測。(レンジボール仕様)
捕まりが良くスライサーにも安定した飛びが実感できます。

まとめ

今回は、M6ドライバーを試打してきました。やはり話題のスピードインジェクションの効果は個人的には感じ取ることができて、飛距離性能は抜群に良いと思います。

全てのクラブを検品して、ルールギリギリの反発係数のヘッドを提供しているということなので、個体差によって、当たりハズレもなく、飛ぶドライバーを必ず手にすることができるのは、決して安くはないクラブを購入する消費者側からすると大変嬉しいですね。

ヘッド重量が重めなのと低スピン傾向なので、ヘッドスピードが遅い方やパワーがない方には、決して簡単なクラブではないと思います。しかし、今年話題No1の注目クラブなので、ぜひ検討してほしいドライバーです‼︎

中古品も見逃せない!

合わせて読みたい・その他の試打記事

Thumbnail aef1c5c6 0ed2 4a30 a1ad e8eb0f8ed9d8

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!