BRIDGESTONE(ブリジストン)のTOUR B(ツアーB)シリーズは、アスリートゴルファーのために開発されたクラブで、開発チームがアスリートゴルファー向けにこだわって作らたとのことです。
今回は、BRIDGESTONE(ブリジストン)のTOUR B(ツアーB)JGRドライバーを試打してきました。
高初速で打ち出しも高く、低スピン化にも成功しているうという事なので、飛距離性能があるドライバーなのか、試打の感想や所感などをまとめています。

ゴルフクラブをどうやって選んだらいいか悩んでいる方は、コチラの記事も!

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR をゴルフハック編集部が分析!

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーは、どういう人にオススメか?

グラフのように、純正Sシャフトにしては、若干、硬めの印象ですが、インパクト直前ではシャフトの先端が走るため、アスリートゴルファーだけではなく、ある程度ヘッドスピードが速い初心者でも使えるドライバーだと思います。ゴルフのレベルに関係なく幅広い世代の方に使っていただけます。

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーの見た目とスペックを紹介!

TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーの見た目!

ヘッド形状は、オーソドックスな丸顔。クラウン前方にパワースリットが入ることで、クラウン部分のたわみ効果が発揮され、初速と打ち出し角を上げてくれるので飛距離を最大限に発揮します。

フェイス部分にはミーリングがあり、ボールが滑るのを抑え、スピン量を減らせます。

ソール部分のヒール側にはウエイトが配置されていて、重心距離を変える事も可能。

試打したシャフトはS。JGRオリジナル TG1-5シャフトです。中調子でシャフト重量は53gとなります。中調子のため、多少インパク直前でヘッドが遅れてきても、シャフト中間部から先端に素早くしなり、ボール捕まえてくれます。そして、ボールの弾道を高弾道にしてくれるような動きをしてくれるシャフトです。

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーのメーカースペック

ヘッド素材ボディ:Ti811チタン合金、タングステンネジ(8g)
フェース:6AL-4Vチタン合金
ヘッド製法ボディ:ロストワックス精密鋳造
フェース:プレス加工、CNCミーリング、レーザーミーリング
ロフト角(度)9.510.511.5
ライ角(度)59
ヘッド体積(cm3)460
JGRオリジナルTG1-5長さ(インチ)45.5特注
重さ(g)/バランスR特注292/D1特注
重さ(g)/バランスSR特注294/D2特注
重さ(g)/バランスS295/D2特注
AiR Speeder G長さ(インチ)特注45.75
重さ(g)/バランス※1特注286/D1
Speeder 569 EVOLUTION Ⅳ長さ(インチ)45.5特注
重さ(g)/バランスS297/D2特注
TOUR AD IZ-5長さ(インチ)45.5特注
重さ(g)/バランスS296/D2特注

※メーカーのカタログスペック
※1 Rフレックス相当になります。

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーのシャフトメーカースペック

シャフトJGRオリジナル TG1-5AiR Speeder GSpeeder 569 EVOLUTION ⅣTOUR AD IZ-5Diamana RF50ATTAS CoooL 5
フレックスRSRS※1SSSS
重さ(g)51525345595658.557
トルク5.35.14.96.64.64.44.34.4
調子先中

※メーカーカタログスペック
※1 Rフレックス相当になります。

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーの試打レビューとデータ計測

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーを試打

構えてみると、体積460cm3でも投影面積は大き過ぎずシャープに振り切れそうなヘッドです。

実際打つと重心距離が短いのか、操作性が良いヘッドです。
捕まえたり、逃したりすることが簡単な印象ですが、ある程度の直進性もあり、球の高さも出て、バランスが取れた完成度が高いヘッドです。飛距離の方も、撓み効果により初速が速いのが印象です。

シャフトは中調子ですが、多少ヘッドが遅れてきても、シャフト中間部から先端へ素早くしなり、ボール捕まえてくれます。

■動画
実際に打ってみた際の動画は以下


インパクト動画

撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

BRIDGESTONE(ブリジストン) TOUR B(ツアーB) JGR ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測データです。(レンジボール仕様)
本当に飛距離がでる!という感じでした。

まとめ

ブリヂストンらしい顔の良さを継承しつつ、操作性も良く、決して難し過ぎることもなく、程よく直進性もあるというのが、第一印象のドライバーです。また、シャフトの特性からみて、特に大型ヘッドが苦手な方でも、シャフトがインパクト直前で走るため、捕まりが良く、大型ヘッドで捕まらないと悩んでいる方には相性が良いドライバーだと思います。また、飛距離性能が高いと思いますので、アスリートや上級者だけではなく、これから練習して上達していこうと思っている、アベレージゴルファーの方にもオススメのクラブです!

中古品も見逃せない!!

合わせて読みたい・その他の試打記事

Thumbnail 0ea367d7 2310 440f 92cc 12d243a44c5d

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!