2018年10月に発売されたTaylorMade(テーラーメイド)のMグローレ。Mグローレは、グローレシリーズとMシリーズ、両方の技術を取り込んで生まれたゴルフクラブなのですが、それぞれの良い所を凝縮した結果、アマチュアゴルファーの間では、かなり話題となりました。ターゲットは、女性ゴルファーやシニアゴルファーになるのでしょうか。
発売から時間が空いてしまいましたが、ゴルフハック編集部でも試打してきましたので、レポートしたいと思います。

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーをゴルフハック編集部が分析!

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーは、どういう人にオススメか?

Mシリーズドライバーと同様に言うまでもなく飛距離性能は抜群ですが、特徴的なのは、操作性が優れている点です。MシリーズよりMグローレの方がヘッドが軽く、スイング中のヘッドコントロールも操作しやすく、捕まえたり、逃したりと自由に操作できると思います。また、ヘッドが軽いと、球質は軽くなるイメージだと思うのですが、球質はしっかりとしており、風にも強い重い球がしっかりと打てました。

本来は、操作性に優れていたとしても直進性は落ちてしまうのですが、オフヒットした時にも方向性は損なわれず、飛距離も落ちる感じはなかったので、直進性、操作性、飛距離性能の全てが高いレベルで作られたドライバーと言えるのではないでしょうか。

なお、ターゲットはシニア層や女性なると思いますが、ヘッドスピードは、40m/s以上ある方の方がしっかりと振れて性能を強く発揮できるのではと感じました。

Mシリーズが重くてイマイチという方に、試して欲しいクラブです‼︎

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーの見た目とスペックを紹介!

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーの見た目!

ヘッド体積は460ccのルール最大級の大型ヘッド。ヘッド形状はオーソドックスな丸型形状で、投影面積さほど広く見えないヘッドになります。


クラウン素材はチタン[9-1-1ti]+グラファイト・コンポジット・クラウンでMシリーズドライバーの流れをそのままに、グラファイトとチタンの複合ドライバーになっています。

フェイス形状は若干シャローフェイスになっています。また鋳造製法により優れた打感が実現されています。
Mシリーズと同様、ツイストフェイスが採用されており方向性には優れています。

ツイストフェイスは、編集部の記事でも何度かご紹介させていただいておりますが、トウ側が上を向いていて、フェイスの向きが開いてるため、フックが抑制しやすくなっています。また、ヒール側は下を向いてフェイスが閉じているため、スライスが抑制しやすくなっています。

ソール素材はグラファイト・コンポジット・ソール / チタン[6- 4 ti](鍛造)で作られています。
従来のドライバーより、-17gの軽量化に成功!ソール前方に溝がありボールの反発力やスイートエリアが広くなる効果が期待できるハンマーヘッドという機能がついています。(こちらもテーラーメイドのドライバーではお馴染みとなりつつあります)

MOI(慣性モーメント)が大きく重心角も大きいため、ボールが捕まりやすくなっていながら低重心なので、高弾道のボールが打ちやすい設計になっています。


Mシリーズのような、弾道調整機能は装載されていません。

試打したシャフトはTaylorMade(テーラーメイド)が藤倉ゴム工業(株)と共同開発したM GLOIRE専用シャフトSpeeder EVOLUTIONのSシャフト。シャフト重量は50gでキックポイントが先中調子になっています。挙動はシャフトの中間から、ヘッド先端にかけてインパクトで走っていくようなシャフトになっています。

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーのメーカースペック

HEADM GLOIRE DRIVER
ヘッド素材 / フェース素材(製法)チタン[9-1-1ti]+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール / チタン[6- 4 ti](鍛造)
ヘッド体積(㎤<㏄>)460
ライ角(°)59
長さ(インチ)Speeder EVOLUTION TM46
ロフト角(°)
フレックス9.510.511.5
Speeder EVOLUTION TMS
SR
R

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーのシャフトスペック

SHAFTSpeeder EVOLUTION TM
フレックスSSRR
クラブ重量(g)約281約278約273
シャフト重量(g)約50約47約42
トルク4.955.2
バランスD4
キックポイント先中
グリップLamkin Grip / White CP (径60/33.5g)バックライン有

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーの試打レビューとデータ計測

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーを試打

構えてみると、ヘッドは460ccのサイズながら、シャープに振り切れそうなイメージが持てました。フェイスの向きは若干左を向いていると思います。ワッグルするとヘッドの重量が軽いことがわかり、簡単に打てそうなイメージが持てました。

実際に打ってみてもヘッドが軽いためか、振り抜きが良く、インパクト時はフェイスの反発力も高いので、力強い弾道で飛んできました。

感触は、Mシリーズより軽いだけで、Mシリーズの打感と似てます。打音も比較的、静かでMシリーズと非常に似ている印象でした。球の高さも、しっかり出て高弾道に打っていけるので、キャリーも稼げ、それでいてスピンレス傾向にあるので飛距離性能は高いと思いました。(試打したクラブはロフト角9.5°)

フェイス面は、オフヒットした時にもツイストフェイスのおかげか、曲がり幅が少なく、直進性も高いので、しっかり振り切ることができます。これは、実際のラウンド時にも心強く、曲がらない安心感からスイングリズムも良くなり、どんどん、振っていけるのではないでしょうか。また、捕まりは良いのですが、捕まり過ぎることもないので、安心して振っていけます。シニア層でハードヒッターの方には、使いやすいドライバーだと思いますし、女性のクラブではアンダースペックだと思っている方にも、オススメできるクラブだと思います。

■動画
実際に打ってみた際の動画は以下




撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

TaylorMade(テーラーメイド)M GLOIRE ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測。(レンジボール仕様)
ヘッドは軽いですが、風にも負けない強く重い球質が可能。

まとめ

今回はMシリーズとグローレが一緒になったドライバー、Mグローレを試打しました。
個人的な感覚になりますが、シニア層の中でもパワーヒッター向けの印象を持ちました。その他、Mシリーズのドライバーを少し重く感じる方には、最適なドライバーになっているのではとも感じます。
しかし、スライサーの方には、捕まりづらい傾向にあると思いますので、その辺は、ご自身で試打して、検討してみるのが良いと思います。

優しいドライバーだけどプロモデルのような強い球質が出るドライバーのMグローレ。
是非、その実力を感じて欲しいと思います!

中古品も見逃せない!

合わせて読みたい・TaylorMadeの試打記事

合わせて読みたい・その他の試打記事

Thumbnail 9be6ab6d 9632 4aed a0e0 12aaf66361fc

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!