TaylorMade(テーラーメイド)のNEWモデルとなるM5、M6ドライバーは、新テクノロジーとなる「スピードインジェクション」を搭載しています。スピードインジェクションは、製造された全てのドライバーヘッドの反発係数をルール上最大限に揃えることを可能にする全く新しい発想です。ゴルフクラブの量産モデルは、どうしても微妙な個体差が出やすくなっているのですが、このテクノロジーにより、タイガー・ウッズプロやダスティン・ジョンソンプロなど、契約プロへ支給されるツアー支給品と同様のものが、私達も手に入れられるようになったと考えてもよいと思います!

今回は、TaylorMade(テーラーメイド)から2019年2月に発売されたM5ドライバーを試打してきました。M6との比較や使い勝手など、しっかりとレポートしたいと思います。

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーをゴルフハック編集部が分析!

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーは、どういう人にオススメか?

グラフの通り、操作性が高く、球質をコントロールしたい中上級者のプレイヤーには非常に扱いやすいドライバーです。

またスピードインジェクションの影響なのか、明らかに前作のM3やM4ドライバーよりもボールの出だしの初速が速いため、飛距離性能は高いと思います。

反面ヘッドスピードが遅い初級者には、低スピン傾向が強く出てしまい、球が上がらない可能性もありますので、いつもより大き目のロフトヘッドをチョイスしてほしいと思います。

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーの見た目とスペックを紹介!

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーの見た目!

ヘッド体積は460cc体積でルール最大級のヘッドで非常にコンパクトなヘッドで操作性が強そうな印象です。型はやや洋梨型で上級生が好みそうな顔となっています。

クラウン後方部は前作と違い、オレンジのカラーリングが施されています。

ヘッド素材は9-1-1TI+グラファイト・コンポジット・クラウン+6-4Ti複合を採用しています。

前作に続いて、今回もフェイス面はツイストフェイスを採用しています。

ツイストフェイスは、トゥ側上部はフェイスの向きが開いて上を向いてるため、フックを軽減し、ヒール側下部はフェイスの向きが閉じて下を向いてるため、スライスの軽減ができるので、ボールのばらつきを軽減してくれ方向性の安定につながります。


フェイス下部には赤い2つのポートのスピードインジェクションという機能が装載されています。スピードインジェクションとは、製造過程の最初で反発係数を超えた高反発ヘッドを一旦作り、この2つのポートからレジン素材を注入して、改めて反発係数ルール上限まで抑える事で、反発が高いヘッドに作り込まれています。

因みに今回試打をした、M5ドライバーだけではなく、M6ドライバーでも採用されています。

お店に並んでるM5ドライバーの全てで、個体差がない、ルール上限の反発係数が高いヘッドを購入することができるようになりました。

ソール素材は9-1-1TI+グラファイト・コンポジット・クラウン+6-4Tiの複合を採用しています。

M5ドライバーのソールにはリバースTトラックがついていて、10gの2つのウエイトをT字のレールを移動させることにより、重心位置を変え弾道調整が可能になります。

シャフトはKUROKAGE TM5 2019の純正Sシャフトで、重量56gでトルク4.1のキックポイントは中調子で粘り系シャフトになってます。

シャフトとは脱着式が可能になっていて、フェイスアングルとロフト角を変えることが可能です。なお、純正の他にツアーAD VR-6、Speeder 661 EVOLUTION V、三菱ケミカルディアマナ DFなどもラインナップされています。

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーのメーカースペック

HEADM5 DRIVER
ヘッド素材/フェース素材チタン[9-1-1 ti]+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール/チタン[6-4 ti]
ヘッド体積(cm3)460
ライ角(°)58
長さ(インチ)KUROKAGE TM5 201945.75
Tour AD VR-645.25
Speeder 661 EVOLUTION V46.25
Diamana DF6047.25
ロフト角(°)
フレックス910.5
KUROKAGE TM5 2019S
SR
Tour AD VR-6S
Speeder 661 EVOLUTION VS
Diamana DF60S

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーのシャフトスペック

SHAFTKUROKAGE TM5 2019VR-6661 EVO ⅤDF60
フレックスSSRSSS
クラブ重量(g)約308約306約313約313約310
シャフト重量(g)約56約54656664
トルク4.14.53.23.73.8
バランスD3D3D3D3.5D2.5
キックポイント先中中元
グリップLamkin Grip TM360 Black/Blood Orange CP(経60/47.5g)

※メーカーのカタログスペック

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーの試打レビューとデータ計測

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーを試打

実際構えてみると体積460ccのヘッドですが、かなりコンパクトに締まっている印象で操作性が良いことがわかります。言葉で表現するなら、洋梨型の大型ヘッドとも言いましょうか、打つ前からシャープに振り切れそうです。
M6ドライバーと比べても、M5ドライバーの方が若干小さく見える感じです。

フェイス面に関してもM6とは対照的で、ターゲットに合わせやすく、真っ直ぐなスクエアなフェイスアングルは、上級者は受け入れやすいヘッドになっていると思いました。

実際打ってみると、M6ドライバーと同様、インパクト後のボールスピードが速く強弾道に飛んでいきます。これもスピードインジェクション影響なのか、ヘッドの反発が良い感じが実感として、しっかり感じられました。
操作性ですが、スイング中のヘッドのコントロールがしやすく、直進性より操作性の方が優れていると思います。

M6ドライバーより、弾道の高さは上がりづらいかもしれません。ある程度ヘッドスピードが速い方には問題ないですが、ヘッドスピードか遅い方には、いつもよりロフトが多めな物を選ぶと良いのではないでしょうか。

打感に関してもM6ドライバーより柔らかく、打音についても静かめな音なので、あまり甲高い音が嫌いな方にはオススメだと思います。

■動画
実際に打ってみた際の動画は以下




撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

TaylorMade(テーラーメイド)M5 ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測。(レンジボール仕様)
打感は静かですが、フェイスがボールを弾いている感じは、しっかり実感出来ます。

まとめ

今回テーラーメイドM5ドライバーは、噂通りのフェイス反発の良さで、ボール初速が速いのが、実際に試打をしていて実感することができました。これは、やはりスピードインジェクションの機能が加わったことによる飛びの性能だと思います。
また、ヘッドの操作性も良く、大型ヘッドが苦手な中級者や上級生でも扱いやすいヘッドだと思います。
ただ、ヘッドスピードが遅目のゴルファーや、スライス癖のある方には、少しハード過ぎるヘッドの機能だと思いますので、そんな方はM6ドライバーを強く推奨したいと思います。

それにしても、テーラーメイドの新作ドライバーは、いつも革新的な新しいテクノロジーで、ユーザーをいつもワクワクさせてくれます!

次回の新作のドライバーはどんなテクノロジーが装載されているのか、今から非常に楽しみです!

今回のドライバーは、2016年M1とM2でカスタムシャフトを差しているユーザーには、シャフトの互換性があるので、是非購入を検討してみてはいかがでしょうか?
間違いなく、テーラーメイド史上、驚きの飛距離性能ですよ‼︎

中古品も見逃せない!

合わせて読みたい・TaylorMade(テーラーメイド)の試打記事

合わせて読みたい・その他の試打記事

Thumbnail 769eec8c a360 43c0 9611 3e85c3d6741f

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!