Titleist(タイトリスト)のドライバーは、既にTS2とTS3というモデルが発売されている中で、新モデルとして2019年7月5日にTS1ドライバーが発売されました。
従来のモデルと何が違うの?と思いますが、このTS1ドライバーは、他のTSシリーズとヘッド体積は460ccと同じですが、重量が8g軽くなっています。軽いヘッドは、寛容性がなくなると言われていますが、このわずか8gの軽量化は、軽くなりすぎないようにTitleist(タイトリスト)が取り組んだ結果の答えなのでしょう。

そして、このTS1ドライバーは、スライス抑止機能も搭載されています。Titleist(タイトリスト)のドライバーで、この機能が実装されたのは、久しぶりなのではないでしょうか。

ほどよく軽量化されたことで、シニア層や女性ゴルファーなど、従来のTitleist(タイトリスト)ユーザー以外の層も、憧れのTitleist(タイトリスト)ドライバーを使うことができるようになったのだと思います。

では早速、TS1ドライバーを試打してきましたので、ご紹介したいと思います!

■動画
実際の弾道を確認したい方はこちら




撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーをゴルフハック編集部が分析!

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーは、どういう人にオススメか?

グラフの通り、飛距離性能が高く直進性もありながら、捕まりも具合も丁度いい、バランスの取れた優しいドライバーです。

スライサーの方にも無理なく使え、操作性もそれなりあるので、これからハンデを上げたい方、上達していきたい方などには丁度いいクラブです。

また、ヘッド重量も軽くできているため、弾道は自然に上がりやすく、高弾道の球質になります。ドライバーを苦手としている方には、ぜひ試していただきたいドライバーでもあります。

シャフトのスペックも先中調子なので、ヘッドスピードも無理なく上げやすいシャフトです。Sシャフトの対象ヘッドスピードは40m/s前後だと言われていますので、自分のヘッドスピードに合わせて、スペックを選んでください。

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーの見た目とスペックを紹介!

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーの見た目!

ヘッド体積は460ccのルール最大級の大型ヘッドでクラウン後方部が広く作られており、Titleist(タイトリスト)らしい丸みを帯びた丸形のシャローバックが特徴のヘッド形状になります。

このシャローバック形状はメーカー公式ページだと、ストリームラインドシェイプと
言われ、空気抵抗を約20%削減しているそうです。

ヘッドの重さが軽量化されたことにより、アベレージゴルファーにも、無理なくヘッドスピードが上げられるということで、約8gの軽量化がされています。ヘッドバランスはD2.5なので、しっかりヘッドの重みは感じられそうです。

フェイス形状はトップラインは上がったようなシャローフェイス形状なので、高弾道で力強い弾道が実現できそうな顔です。

今回もフェイス面は超精密高初速フェースを採用しフェイスリアクションを最適化しているそうです。この機能は、フェイス広範囲でボールの初速を上げれるよう、フェイスの肉厚をエリア別で変更し、オフヒットした時でもしっかりと距離を出せるように設計されているそうです。

ソール後方には、ウエイトが1つあり重心深度を深くすることで、大きなキャリーと捕まるように設計しているのだと思います。

シャフトは脱着式のSURE FITホーゼル採用しロフト角とライ角を変更。また、瞬時にシャフトを交換できるのも脱着式のメリットです。

今回試打したシャフトはTitleist Diamana50のフレックスはSシャフトで、重量は50g、トルク5.5で、シャフトの調子は先中調子です。

シャフトの長さは45.75インチとTSシリーズの中でもやや長尺になっています。多少、手元側がしっかり目で先端が走ってくれる弾き系になりますが、オーソドックスな撓り感が特徴のシャフトです。

シャフトは長めに取られていますが、インパクトで振り遅れる心配はなく、ヘッドが上を向かせるような動きをしてくれるので、捕まりと弾道の高さを確保してくれる、タイミングが取りやすいシャフトです。

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーのメーカースペック

シャフトTitleist Diamana 50Titleist AiR Speeder
実効ロフト角(度)9.5/10.5/12/5
ヘッド体積(cc)460
シャフトフレックスRSRSRSR
実効ライ角(度)59
長さ(インチ)45.75
クラブ重さ(g)271273275268270
シャフト重さ(g)4648504345
スイングウエイトD2.5D2.0
シャフトトルク(度)5.75.65.554.8
キックポイント先中調子先中調子
グリップTOURベルベッド・ラバー・360°フラットキャップ・シルバー(M60)

※メーカーのカタログスペック

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーの試打レビューとデータ計測

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーを試打

構えてみると、TS1ドライバーのヘッド投影面積は広い丸型形状なので、優しいヘッドを想像させてくれて、安心感があるヘッドです。

フェイスの向きは少しだけ左を向いたフックフェイスなので捕まりが良さそうなイメージのドライバーです。クラブの長さが45.75インチと長尺ですが、ヘッドが大きく見えるため、シャフトの長さを感じないのは不思議な感じがしました。

いよいよ試打を開始していきます。

ヘッドの捕まりが良さそうなので、引っ掛けに注意しながら、打った球は予想以上に大きなキャリーで軽く捕まって飛んでいきました。
球を無理に上げようとしなくても、勝手に球を上げてくれます。

今回試打したTS1ドライバーのロフト角は9.5°と、通常なら球は低く抑えられるはず
ですが、ヘッド後方部にあるウエイトの影響で深重心になっているため、大きなキャリーで飛んでいきます。

シャフトの動きは、先中調子なので、インパクトの際にヘッドを上に持ち上げてくれる動きがあり、シャフトの撓り方も高弾道にしてくれる要因の一つだと思いました。

なお、TS1ドライバーのクラブの総重量は275gと、かなり軽い方のクラブです。経験上、ここまで軽いクラブだと軽い球質になってしまうこともあるのですが、TS1ドライバーの球質は重いボールが飛んでいきます。ヘッドを軽くした分だけ、ヘッドスピードを楽に上げられるようになっており、その効果で強い球になるので、試打を続けていくうちに、シャフトのしなり方やヘッドの動き方に段々慣れ、ヘッドスピードの数値も徐々に上がってきました。

本当に軽いヘッドとシャフトのバランスが絶妙に取れているので、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びていくのだと思います。

それと、オフヒットした時でもヘッドのブレが少ないので、曲がり幅も少なく直進性も高いような気がしました。

ヘッドは460ccの体積なので、重心距離は長いと思いますが、インパクト付近でのヘッドのもたつき感はなく、捕まりが良いドライバーです。

対象ユーザーは初心者の方からアベレージまで、幅広い方に使っていただけると思いますが、特に打点が不安定な方や球が低い方、スライサーの方などには、このTS1ドライバーの性能を最大限に活用し、スコアアップに繋げて貰えたらと思っています!!

Titleist(タイトリスト) TS1 ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測。(レンジボール仕様)
シャフトが若干長い為、ヘッドスピードが自然に上がるので最大飛距離に期待大。

まとめ

今回はTitleist(タイトリスト)から、新しく発売されたTS1ドライバーを試打してきました。

TS4ドライバーとは対照的にTS1ドライバーは、初心者の方でも味方になってくれるような優しさを売りにしているようなドライバーになっています。

打点が安定せず、ミスショットを繰り返してしまう方や、球が低く飛距離不足になってる方にはぜひ使ってほしいクラブです。

クラブの総重量も軽いので、女性でもヘッドスピードが速い方なら充分使いこなせるクラブだと思いますので、その実力を実感してほしいと思います。

合わせて読みたい・タイトリストの試打記事

合わせて読みたい・フジヤマ先生の試打記事

Thumbnail d2986604 4fe6 4aef 8a3b 62057894416b

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!