今回試打するドライバーはカタナゴルフのドライバーです。皆さまは、カタナゴルフをご存知でしょうか。1998年に創業されたゴルフクラブメーカーで、カタナの名前通り、日本刀を作り上げるように丁寧に開発設計されているのが特徴です。

カタナゴルフといえば、スナイパーシリーズとスウォードシリーズがありますが、今回試打してきたのは、VOLTiO NINJAとなります。

なんと言っても、飛距離の追求と飛距離にこだわった開発をされています。
販売されているゴルフクラブは、SLEルール適合外モデルも用意されており、とことん飛距離にこだわった姿勢が伺えます。

今回試打したのは、VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーとなります。ストレートネックでSLEルール適合モデルですので、公式大会などでも安心して使うことができます。
あまりショップでも見かけないゴルフクラブでもあるため、この記事で紹介していければと思います。

■動画
実際の弾道を確認したい方はこちら




撮影協力
井山ゴルフ練習場:https://www.iyama-golf.com/

クラブセットがお得に手に入る!こちらの記事もオススメ

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーをゴルフハック編集部が分析!

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーは、どういう人にオススメか?

グラフの通り直進性に優れているので、単純に球の曲がりが少ないドライバーです。ヘッドの反発は良く、これって本当にルール適合?ってくらい反発が良いです!!

ボールスピードもレンジボールで打っているのにも関わらず70m/sを超えるボールスピードに驚きました!今年最高のドライバーを発掘した気分です!

打感も手ごたえが有るので、とにかく気持ちがいいという感想です!

軽量シャフトもあることから、ターゲットはシニアの方や飛距離不足に悩んでる方に合いそうです。

個人的にクラブを買ってリシャフトして使ってみたいと思う程、飛距離性能と直進性に優れているバランスの良いドライバーだと思います。

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーの見た目とスペックを紹介!

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーの見た目!

ヘッド体積は460ccで、実際にはやや小ぶりに見える丸型形状のクラウン。ヘッドバランスはD1仕様で軽い仕上がりのヘッドになります。
フェイスの向きはスクエアでターゲット方向に構えやすい綺麗な顔が特徴になります。
ヘッド素材は6-4チタンで超低重心で深重心設計を採用しています。

フェイス形状はややシャロー気味で、ボールが上がりやすい形状になります。

ヘッドはSLEのルール適合ヘッドで、ルール内限界値の0.829まで達成しているので
フェイスの反発は高い仕様。

フェイス面は鍛造できているので、柔らかなインパクトを実現しています。

ソール後方には2つのウエイトがあり、低重心と深重心になっているので低スピン性能で、大きなキャリーとランが期待できます。

溝状構造弾性ソールは、インパクト時に弾性を発揮するソール形状になっています。

今回試打したシャフトはフジクラ製のオリジナルシャフトのSpeeder361のRシャフト
です。重さは39.5gの先中調子で、トルクはかなり大きい数値の8.8になっています。

シャフトの特徴は、インパクトでは先が走りますが、切り返しからのシャフトの動きは、極めてオーソドックスな動きで、切り返しから手打ち傾向の人にも対応してくれるシャフトになります。

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーのメーカースペック

ヘッド素材6-4チタン
フェース素材6-4チタン
製法4ピース精密鍛造
ヘッド仕上げブラック塗装/BK強IP
ヘッド体積460㎥
ロフト角10°
ライ角57°57.5°
フェース角1.5°
クラブ長46インチ
クラブ重量(±)296g(S)、287g(SR)、280g(R、R-EL)

※メーカーのカタログスペック

カタナゴルフ KATANA NINJA CONFORMING ドライバーのシャフトスペック

シャフトフジクラ製オリジナルSpeeder 361、461、561
フレックスSSRRR-EL
シャフト重量(±)54.5g45.5g39.5g36.5g
トルク(±)4.55.68.88.8
バランス(±)D3D2D1D1
キックポイント先中調子

※メーカーのカタログスペック

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーの試打レビューとデータ計測

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーを試打

構えてみると、ヘッド顔はほぼストレートになります。

上級者向けのドライバーに良くある、真っ直ぐで綺麗なスクエアのフェイスアングルとなっており、シニア向けの優しいドライバーにしては、凄く珍しいと思いました。

現在市場に出回っている、海外ブランドのプロモデルよりもフェイスアングルがストレートに見え、ターゲットにしっかり構えやすいのが特徴です。

そしていよいよ、試打開始です。

先中調子ということもあり、インパクト付近でヘッドが走ることが予想されるため、フック系の球にならないように注意が必要でしたが、1球目は気にせず、しっかり振り切ることにしました。何も意識せず振り抜いた球は、ヘッドから勢い良く飛び出し、力強くグングン中弾道で飛んでいきました。予想外の初速の速さです。

イメージしていたのは、軽いドライバー特有な弾きがある打感だったのですが、この829Ti BLACKドライバーは、まるで海外ブランドのプロモデルような、重いインパクトが手に伝わり、それでいて弾き感も物凄くあります。

これって高反発ですか?って担当の編集者の方に思わず聞いてしまうくらい、弾き感が良いのです。

もちろん、このドライバーはルール適合ですが、試打記事の編集に携わってきた中でもNo1のランキングに入るくらい飛ぶドライバーですね。

その後にも、何球打っても初速も速く、ついにレンジボールを使用しているのにボールスピードの数値が70m/sを超えました。

いやこれは、個人的にも本当に欲しくなる一本です! ただ、このドライバーの飛びだけに特化していないことも、購入をそそる要因です。

それは、ズバリ直進性です!これだけ、飛びに特化すると捕まり過ぎるなど、悪い印象も拭えないですが、直進性も凄いんです!

ヘッドの挙動は基本的に至ってシンプルで、シャフトも先中調子なので、クラブ自体に嫌な動きは全くなく、ミスヒットもしづらいのですが、それでも芯を外すことは多々あると思います。

その芯を外した時の曲がり幅が、ドライバーを購入する時の1つの指標になる方も多いと思います。しかし、この829Ti BLACKドライバーのヘッドは、オフヒットした時、多少距離は落ちるのですが、曲がり幅が他のドライバーに比べても、圧倒的に少ないです。

曲がることを心配せず、気持ちよく振れるので、結果、飛距離も出て曲がらなくなるという、良い循環が生まれ、精神的にもティーショットにストレスがかからず、かなり実戦向きなドライバーだと思います。

予算は少し高めですが、個人的にはかなりオススメのドライバーです!

カタナゴルフ VOLTIO NINJA 829Ti BLACK ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測

Yupiteru(ユピテル)で計測。(レンジボール仕様)
ボールスピードは70.9m/sはヘッド反発が良い証拠です。

まとめ

今回は829Ti BLACKドライバーの試打してきました。

ドライバーの特徴として、ルール不適合の高反発だと思ってしまうくらいヘッドの反発が良く、それでいて、直進性もあるドライバーになると思います。(ルール適合のドライバーです)

また、フェイスアングルは真っ直ぐなスクエアフェイスの向きで、構えやすいと思いますし、シャフトは先中調子でヘッドが走るので、タイミングも取りやすく、思い切って振っていけるドライバーです。

お値段は少し高めではありますが、最近、ナショナルブランドに飽きてきた方には、ぜひ、性能が抜群に良いこのドライバーをオススメしたいです!

シャフトも軽いことから、体力に自信がない方、飛距離不足に悩んでる方、女性でパワーがある方にも829Ti BLACKドライバーを使っていただきたいと思います。

中古品も見逃せない!

クラブセットがお得に手に入る!こちらの記事もオススメ

合わせて読みたい・フジヤマ先生の試打記事

Thumbnail bcf5f4bd 2f88 4c03 bb6a f494c14db647

この記事をお届けした
ゴルフハック[GolfHack] の最新情報を
してチェックしよう!